[一覧]タグ: C12エネルギー

高知市民の大学で多数の教員が講義を行います

第81期「高知市民の大学」(会場:高知市文化プラザかるぽーと)で、2017年4月4日~7月21日、毎金曜日18時半~20時に開催される総合コース「きらりと光る高知のものづくり」において、6人の本学教員が講師を務め講義を行… もっと読む »

「バイオマス火力発電所の仕組み」映像紹介

地域連携機構で、小中学生に、「バイオマス火力発電所の仕組み」を説明する際に使用する映像を製作しました。 現在、高知県宿毛市の家庭で使われる電気のほとんどは高知西南中核工業団地の中に建てられた火­力発電所で作られています。… もっと読む »

産学官連携ジャーナル 9月号に永野 正展 教授 の「枯れない油田プロジェクトの社会実装」が紹介されました。

産学官連携ジャーナル 9月号の特集「地域のエネルギー資源を活用する」に地域連携機構 社会連携センター長 永野 正展 教授 (株式会社グリーン・エネルギー研究所 代表取締役会長)の取り組みが紹介されました。 森林資源を活用… もっと読む »

「株式会社グリーン・エネルギー研究所」および「株式会社黒潮町缶詰製作所」を視察しました

6月20日(土)、日頃、地域連携に携わる本学教職員が「株式会社グリーン・エネルギー研究所」および「株式会社黒潮町缶詰製作所」を視察しました。   地域連携機構では、平成21年の発足当時より「科学技術とマネジメントの融合に… もっと読む »

グリーンエネルギープロジェクト in 高知

2015(平成27)年1月27日、宿毛市の平田工業団地にて(株)グリーンエネルギー研究所による、木質バイオマス発電所と木質ペレット製造工場の併設プラントの竣工式が行われました。 動画 このプラントは2011年に描かれたコ… もっと読む »

新エネルギー革命

持続可能なエネルギーを求めて 20世紀は石油文明の時代でした。地球が何億年もかかって地下に閉じ込めた石油資源を活用することで、私たちは瞬く間に繁栄を手にしたいっぽう、その対価としてかつてない環境変動の脅威に直面しています… もっと読む »

社会マネジメント

高知工科大学発の新しい学問体系 工科大発の新学問 社会マネジメント・システム学とは、高知工科大で生まれた新しい学問体系です。これまでの学問がどちらかといえば狭い専門領域に細分化し、現実社会の課題から乖離してきたのに対して… もっと読む »