研究室紹介

社会連携センター

地域連携機構諸活動の社会実装に向けた体系化を目指す

地域連携機構のこれまでの諸活動の中から社会実装の局面における構想や課題の分析を行い、大学の地域貢献の先駆的なモデルを歴史に留める。

11

グリーンエネルギーのさらなる発展

前身である地域活性化研究室の開設以来、高知の森林資源の活用を中心としたグリーンエネルギー戦略を提起し、2015年1月にひとつの節目として宿毛市に木質バイオマス火力発電所とペレット製造工場を併設したプラントを建設し実稼働するに至りました。
今後さらにこのモデルプラントを足がかりにして地域貢献を発展させるため、自然林などを対象とした森林経営計画による新たな価値創造や早生の樹木を導入した森林経営、伐採跡地で有用植物栽培を行う新アグロフォレストリーの試行、リモートセンシングやICTを活用した森林資源の評価管理、森林労働改善のためのロボット開発など、様々な方向で挑戦を重ねる必要があります。
多分野の研究者・実務家の参加によりグリーンエネルギー戦略の一層の発展を目指します。

 スクリーンショット 2015-06-12 18.29.02

 

地域の諸課題に取り組む「場」

地域連携機構の各研究室とも開設以来の経験を通して社会実装の段階に向けた取り組みを強化しつつあり、これまで以上に幅広い情報発信と様々な関係者による自由な意見交換が必要となります。社会連携センターではそのような「場」の創出を目指します。
また、地域の諸課題に関する分析・コンサルテーションなどにも取り組むとともに、地域の政策立案を担う議員や首長等に向けた地域連携機構独自の情報提供なども進めます。

スクリーンショット 2015-06-12 18.29.23

 センター長から

急速に進展する少子高齢化社会は地域の持続的発展を妨げる要因であり、限界集落と言う概念を超えて限界自治体(社会)の出現も想定可能な時代環境となっています。  もはや20世紀後半の社会運営システムが機能しなくなりつつあることを素直に受け入れて、新しい運営モデルの構築とより効果的な運営エンジンの実装に取り掛からなければならないときに来ています。 必要とするエンジンは集落や地域・自治体の垣根を超えた多機能のクラスター構造によってニーズに対応するものが想定されます。 また、そのエンジンは自律が前提条件であり、財政・経済面や運転面からも自在に運営・統御できるプレイヤーの出現が重要です。

関連プロジェクト

  • 新エネルギー革命 - 持続可能なエネルギーを求めて 20世紀は石油文明の時代でした。地球が何億年もかかって地下に閉じ込めた石油資源を活用することで、私たちは瞬く間に繁栄を手にしたいっぽう、その対価としてかつてない環境変動の脅威に直面しています... もっと読む »
  • グリーンエネルギープロジェクト in 高知 - 2015(平成27)年1月27日、宿毛市の平田工業団地にて(株)グリーンエネルギー研究所による、木質バイオマス発電所と木質ペレット製造工場の併設プラントの竣工式が行われました。 動画 このプラントは2011年に描かれたコ... もっと読む »

 

関連記事