[一覧]カテゴリー: 里山プロジェクト

里山プロジェクトの親カテゴリー

里山創成研究ユニット

高知工科大学キャンパスが立地する香美市には今も里山空間が広がりますが、過疎化に伴い利用されなくなった土地や、管理放棄された植林地などが増えつつあります。太陽と水にめぐまれた高知の里山は、植物の生産性は高く、植物資源戦略に… もっと読む »

国土情報処理工学研究室

里山工学で地域のポテンシャルを活かす 我が国の中山間地域は様々な自然資源を生み出すポテンシャルを持っていながらそれを活かせず人口減少、集落消滅が続いている。GISを基盤とする新しい学問分野「里山工学」を立ち上げ、地域の自… もっと読む »

フィールドDBのアドレスが短くなりました。

昨年度に本学の里山工学を始めとした、フィールド研究を支援するデータベースとして、「フィールドデータベース」はテストベッドとして制作をしてきたため、初期アドレスのまま、これまで利用されてきました。データベースのサイトも少し… もっと読む »

2018年秋、金嶺神社の祭事を執り行いました。

今年は、研究フィールドの家屋(母屋)の修復状況の関係で、昨年より時期を遅らせて祭事を行いました。 日時:11月4日(日) 13:30集合,14:00開始 場所:金嶺神社 仮社殿 祭事には、地域の方や、金嶺神社周辺に住まわ… もっと読む »

06:物質循環サイクル確立による林業と木質バイオマス発電活性化のための地還型自己崩壊コンクリートの開発

平成30-31年度 公益財団法人 カシオ科学振興財団 研究助成 >助成研究の概要 システム工学群の大内雅博教授は、平成28年以来、宿毛バイオマス火力発電所から発生する燃焼木灰を材料とするコンクリートの作成に取り組んできま… もっと読む »

里山工学の方法論

高知工科大学紀要 第15巻1号 2018.7.31 より 高木方隆, 久須美雅昭 要約 現在、日本の里山の多くは人口減少により荒廃の一途をたどっている。里山工学は、里山を再生させるための学術体系の一つである。その中で重要… もっと読む »

高知県における歴史資料のデータベース化試論

高知工科大学紀要 第15巻1号 2018.7.31 より 楠瀬慶太, 藤原 駿, 池内克徳 要約 本研究では、日本史学・考古学・民俗学・歴史地理学などの歴史分野のデータベースについ て、全国の動向を整理し、高知県内でも歴… もっと読む »

佐岡地区における里道ネットワーク解析

高知工科大学紀要 第15巻1号 2018.7.31 より 天羽朝陽, 若林寛和, 西内裕晶 要約 本稿では中山間地域である高知県香美市土佐山田町佐岡地区の里山・集落間に張り巡らされ ている里道を対象に、GPS ロガーを用… もっと読む »