[一覧]カテゴリー: 里山プロジェクト

里山プロジェクトの親カテゴリー

里山プロジェクトから里山工学へ

里山プロジェクトの現状 2014年度,高知県香美市佐岡中後入地区を対象に,社会システム工学教室における共通プロジェクトとして,里山の再構築に関する取り組みが始まった. 2015年度,大学院社会システム工学コース1年生を対… もっと読む »

里山工学の方法論

自然現象のみならず社会・文化的な事象におよぶ様々なデータベースを地理情報システム(GIS)上で重ね合わせることで、里山の将来像を予測し、地域経営の計画に活かすことが里山工学の方法論の柱となります。 例えば、有用植物の自生… もっと読む »

「里山工学」事始め

2017/12/13 国土情報処理工学研究室 室長・教授 高木方隆 「里山工学」の提案 これまで工学は、主に自然科学の力を産業に向けて使って来ました。 産業は効率化を求めて機械の導入と化石燃料の消費が始まり、分業化を加速… もっと読む »

暫定:里山工学検討ページ

里山プロジェクト全体会用暫定公開ページ   以下のリンクにて (1)里山工学の主旨=「里山工学」事始め および (2)里山工学の方法論 を示す。 (1)(2)の内容について検討を経た後、あらためて里山プロジェク… もっと読む »

「里山工学」を旗揚げ

2017年12月13日に里山プロジェクト参加メンバーによる第15回の全体会議が開催されました。 その場で高木代表から「里山工学」というあらたな学問が提起され、全員の賛同を得て「里山工学」の旗揚げを決定しました。 今後の里… もっと読む »

里山に建てた社殿が高知県知事賞を受賞

里山プロジェクトで、社殿を建築している、 渡辺 菊眞 准教授(システム工学群 環境建築デザイン研究室)が設計、デザインし、同研究室の学生達延べ20人が施工した「分割造替 金峯神社-里の拝殿-」「森の本殿-彼方の聖山-」が… もっと読む »

基盤科学技術を用いた里山再生の必要性

高知工科大学紀要 第13 巻1号 2016.7.29 より 高木方隆 要約 現在の中山間地域は、自然資源に恵まれながら、それが産業に結びつかないため、人口減少が著しい状況である。また中山間地域での生活は、インフラの維持管… もっと読む »