[一覧]カテゴリー: 社会連携センター

地域交通医学・社会脳研究室

健常脳のビックデータから健康寿命と運転寿命の同時延伸を目指す 脳ドックという日本独自の予防医学から創出される健常脳のビックデータから「交通脳データベース」という新たな概念を提起し、健康長寿と運転寿命を共に延ばして、超高齢… もっと読む »

里山プロジェクト

里山基盤整備の社会実装モデルプロジェクト 高知工科大学香美キャンパスの立地周辺地域を里山生活圏ととらえ、その中で豊かな自然要素を資源として有効活用することを中心に、中山間部の人口減少・超高齢化に備えるインフラ整備など、大… もっと読む »

高知市民の大学で多数の教員が講義を行います

第81期「高知市民の大学」(会場:高知市文化プラザかるぽーと)で、2017年4月4日~7月21日、毎金曜日18時半~20時に開催される総合コース「きらりと光る高知のものづくり」において、6人の本学教員が講師を務め講義を行… もっと読む »

高知工科大学紀要 第13巻が完成しました

この度、「高知工科大学 紀要」第13巻が、学術情報リポジトリにて公開の運びとなりましたので、ご案内します。 高知工科大学学術情報リポジトリはこちら>>> <高知工科大学紀要 第13巻> 00 巻頭言 学… もっと読む »

「バイオマス火力発電所の仕組み」映像紹介

地域連携機構で、小中学生に、「バイオマス火力発電所の仕組み」を説明する際に使用する映像を製作しました。 現在、高知県宿毛市の家庭で使われる電気のほとんどは高知西南中核工業団地の中に建てられた火­力発電所で作られています。… もっと読む »

社会連携センター

地域連携機構諸活動の社会実装に向けた体系化を目指す 地域連携機構のこれまでの諸活動の中から社会実装の局面における構想や課題の分析を行い、大学の地域貢献の先駆的なモデルを歴史に留める。 グリーンエネルギーのさらなる発展 前… もっと読む »

産学官連携ジャーナル 9月号に永野 正展 教授 の「枯れない油田プロジェクトの社会実装」が紹介されました。

産学官連携ジャーナル 9月号の特集「地域のエネルギー資源を活用する」に地域連携機構 社会連携センター長 永野 正展 教授 (株式会社グリーン・エネルギー研究所 代表取締役会長)の取り組みが紹介されました。 森林資源を活用… もっと読む »

「株式会社グリーン・エネルギー研究所」および「株式会社黒潮町缶詰製作所」を視察しました

6月20日(土)、日頃、地域連携に携わる本学教職員が「株式会社グリーン・エネルギー研究所」および「株式会社黒潮町缶詰製作所」を視察しました。   地域連携機構では、平成21年の発足当時より「科学技術とマネジメントの融合に… もっと読む »