学生達が小学校で科学教室を行いました

 11月18日、本学学生6名が芸西小学校の児童(1~6年生)176名を対象に、同小学校体育館で科学教室を行いました。

 子どもたちに科学の不思議や面白さに触れてもらうことを目的とした、芸西小学校のPTA文化的行事の一環として実施され、有志で集まった学生がさまざまな科学実験を行いました。

 当日は、空気砲に煙をためて大きな輪をつくり、空気の流れをみてもらったり、薬品を使い、反応させて泡を作り出したりという実験をしました。空気砲では大きな輪が飛び出すと、子どもたちから歓声があがり、会場は大いに盛り上がりました。

 最後に、風の力を利用して風船を回す実験を行い、小学校の先生方にもご協力いただきながら、楽しい実験ショーになりました。
 実験を見た児童からは「たくさんの実験をしてくれてとても楽しかった」、「風船はつなげると回ることがわかった」といった感想が寄せられました。

 短い時間でしたが、児童たちは身近な科学に触れることができ、学生にとっても、教えたり一緒に考えたりする楽しさを感じることができる良い機会となりました。