[里山プロジェクト] 新規プロジェクトの追加と紹介!

里山プロジェクトでは複数のフィールド研究が並行して進められ、観測データなどが日々蓄積されています。しかしこれらのデータを学内で効果的に共有する手段は未整備で、多くは各研究室のハードディスクに保存されるにとどまっていました。そこで、開発環境の整ったクラウドインフラを利用することで、データを共有化し、より一層の共同研究の効率化を図るプロジェクトを始めます。このプロジェクトにより、研究成果の地域社会への還元を加速していきます。

システム開発は、国土情報処理工学研究室・高木方隆教授とスケールセンシティブ地域産業研究室・菊池豊教授を中心に進め、データ処理の過程では学生の参画も求めることで、地域を見る目を持った学生を養成していくことも目指します。

紹介ページはこちら:http://chiikirenkei.org/gis-db-platform/