「小さな起業家の井戸端未来ミーティング2016」を開催しました。

これまでではなくこれからの高知を元気にする起業家のネットワーク構築を目指す「小さな起業家の井戸端未来ミーティング2016」を下記のとおり開催しました。

 

○日時:平成28年3月16日(水)14:00~17:00

○場所:高知工科大学 永国寺キャンパス 地域連携棟4階多目的ホール

○座長:高知工科大学 地域連携機構 社会連携センター 教授 松﨑 了三

103
013
043

初回となる今回は、県下各地で活躍中の8名の起業家の皆さまにお集まり頂き、起業の経緯、自社の取り組、経営の工夫や売上目標・夢などを発表し合い、討論していただきました。

 

本ミーティングの企画者でもあり座長を務める松﨑教授からは、1.イメージされる商品をつくるための「情報発信」の大切さ、2.モノとココロをつなぐ「価値観」をつくること、3.一次産業から三次産業までトータルで考える「融合」、4.商品に惚れ込みリピートしてくれる熱狂的なファン「顧客」をつくることなど、経営の基本となる4つについてご紹介頂きました。

 

また、経営者がやることは「物をつくるのではなくお客さんをつくること」常識は常に変わることを意識し、アンテナを高くあげて情報を収集・発信し、常識の違いを超えた新しいハーモニーを作っていくことこそが、ビジネスを成功させる秘訣であると熱く語ってくれました。

 

これから起業を考えている方、既に自営業を営まれている方等、参加者29名は、正にそれを実践している起業家の工夫や熱意を見聞きし、メモをとりながら自身が取り入れらることはないか模索していました。「個ではなく、横の繋がりによる新たな産業、サービスの創出も重要である」等の感想も聞け、高知県でのビジネス展開へのヒントを発信する有意義な催しとなりました。

 

本ミーティングは、来年度以降も年間3~4回開催する予定です。

開催日時が決まり次第、本ホームページ等で告知させて頂きます。

教科書のない実学を肌で学び、地域を元気にしたいという【志】のある方々のご参加をお待ち申しあげます。

http://chiikirenkei.org/20160204/2821/

 

本ミーティングメンバーの起業家の皆さま

1.いちえん農場・代表・一圓信明氏

2.WAN LIFE・代表・梅原俊順氏

3.茶農家の株式会社ビバ沢渡・代表・岸本憲明氏

4.土佐備長炭窯元炭玄・代表・黒岩辰徳氏

5.スイーツハウス ミライエ・施設長・田野岡和美氏

6.堤農園・代表・堤健治氏

7.有限会社溝渕建設・代表取締役・溝渕加寿彦氏

8.株式会社カツマジャパン・代表取締役/うどん工房麦屋・亭主・毛利仁人氏