産学官連携ジャーナル 9月号に永野 正展 教授 の「枯れない油田プロジェクトの社会実装」が紹介されました。

産学官連携ジャーナル 9月号の特集「地域のエネルギー資源を活用する」に地域連携機構 社会連携センター長 永野 正展 教授 (株式会社グリーン・エネルギー研究所 代表取締役会長)の取り組みが紹介されました。

森林資源を活用する木質バイオマス発電所・燃料製造工場―枯れない油田プロジェクトの社会実装―と題し、宿毛バイオマス発電とペレット製造工場の概要やプロジェクトの目的と理念・産学連携の取り組みについてなどが紹介されております。

地域連携機構の最たる成果の一つである本プロジェクトが、どのような歴史を歩んできたのか、皆さま、ぜひご一読ください。

 

掲載記事はこちらから    1509-bassui_ページ_1

 

本ジャーナルは、産学連携に携わる方が関与する分野の多様化、高度化に対応すべく、産学官連携分野、起業分野、知的財産分野、教育分野、地域事業分野など、幅広い分野を取り扱っています。