熊谷靖彦特任教授「第15回国土技術開発賞 地域貢献技術賞」を受賞

地域連携機構 地域ITS社会研究室・地域公共交通研究室 熊谷靖彦特任教授と高知県および測研社がこれまで取り組んできた、中山間道路におけるゆずりあいロード支援システムが、「第15回国土技術開発賞 地域貢献技術賞」を受賞しました。
中山間の狭隘区間において、ドライバーに対向車の接近を表示提供し、お互いの走行の安全性向上や移動の円滑化、中山間道路の整備推進、地元企業の新たなビジネス創造などが地域への貢献として、高く評価されたものです。
本賞は、地域の安全・安心に資する技術、地域の生活環境改善に資する技術、地域産業振興等に役立つ技術など、地域が抱えている課題に対し、地域の専門工事業者等が独自に開発し、その活用・応用を通じて地域に貢献している技術を表彰するものです。

 

受賞テーマ:中山間道路走行・ゆずりあいロード支援システム
―ITS走行支援システム―
受賞機関 :高知工科大学、高知県
受賞代表者:高知工科大学地域連携機構 熊谷靖彦 特任教授
共同開発機関:高知県、測研社

【国土技術開発賞 実施主体】
主 催:財団法人 国土技術研究センター、一般財団法人 沿岸技術センター
後 援:国土交通省
協 賛:一般財団法人 日本建設情報総合センター、財団法人先端建設技術センター、
財団法人 港湾空港建設技術サービスセンター

2013_5_1 2013_2_2