オーガニックアドバイザー2

オーガニック・アドバイザー認定講座:第2回

日 時:2012年1月 14日(土) 13:00~16:00

場 所:高知県立牧野植物園内アトリエ実習室

○第2講(第2章) 講師:杉谷あきの(日本オーガニック推進協議会)
「オーガニックの歴史と、第三者認証について」の基礎知識を学ぶカリキュラムの内容は、下記2-1)~2‐3)になります。2-1)環境と調和した農業から「工業」的な農業へ,2-2)オーガニックの国際規格―Codex,2-3)ポイントは利害関係のない第三者認証。
○第3講(第3章) 講師:杉谷あきの(日本オーガニック推進協議会)
「オーガニック(有機JAS)食品の作りかた」の基礎知識を学ぶカリキュラムの内容は、下記3-1)~3‐3)になります。3-1)第三者機関(登録認定機関)とは,3-2)有機JASの種類,3-3)有機農産物の作り方。
○特別講義(第2回) 講師:渡邊高志(高知工科大学地域連携機構)
題目「マクロビオティックと漢方薬に用いられる薬用植物の考え方」

受講者は、前回(第1回)の講義レポートの提出が必要ですが,講師による第1講(第1章)のおさらい講義をすることで,理解度を深めて行きます。本講義は,なぜ環境と調和した農業が大切なのか理解し,環境と調和して行われてきた農業が「工業」的なものに変わった結果いろいろな弊害に繋がっていることを正しく知ることが大切です。また,昨今のオーガニックブームとは一線を画し、オーガニック(有機)という言葉の持つ本質を学び、言葉の信頼性の根源はどこに由来するのか、第三者認証を受けた有機JAS農産物を例に解説します。受講者はオーガニックの背景にある環境問題について,世界規模で取り組むべき過去の悪しき環境破壊ついてとりあげ質問形式で説いていきます。(渡邊記)

講師:日本オーガニック推進協議会・杉谷あきの氏

講師:日本オーガニック推進協議会・杉谷あきの氏

受講者の感想

講義第1部(第2講)では、先週の授業内容を、生徒の授業理解度の確認も含めて復習するところから始まりました。講義は第1部・第2部(第3講)を通して「オーガニックの歴史とオーガニックが社会的信頼を成立できる、その仕組み」について学び、オーガニックを取り巻く農業界のことや、社会問題やオーガニックの基準を作ることの重要性を知ることができ、貴重な講義であったと思います。また今日の講義でオーガニックについてより多くの興味や好奇心を抱きました。というのもオーガニックという制度を成立させるシステムを知る事で消費者と生産者と管理する側の三者の思想が垣間見れ、講義を含めオーガニックを考える上での重要なポイントが掴みやすくなったからです。

 

 

placa_WS2_2

今日の講義でオーガニックという制度を支えているものが、オーガニックの基準と認定機関であることを知りました。講義では、まずは農業が歩んだ道程から、オーガニックの基準が作られ、認定機関が生まれるまでを第1部(第2講)で学びました。私は農業中心に歴史を学ぶことは初めてで、「本来、農業は自然と調和しながら生産するものであった」という昔の農業の歴史の始まりの一文からとても興味がわきました。この農業の歴史を語る最初の一文は、今日の講義第三部(特別講義)で渡邊先生が話された、昔の医学者の「人体は自然の縮図である」という思考に関連した、食物の生産方法だろうと後で思いました。

placa_WS2_3

私は、農業が生まれた時、すでに農業はオーガニックであり、食の安全と安心を求めてオーガニックを求める今の社会を思うとわだかまりを感じます。農業は歴史の中で生産性を求めるあまり、生物の生態を破壊し、環境破壊を生み、いくつも社会問題を引き起こしてきましたが、しかしそのきかっけは生命を守るためであり、食糧安定生産を望んだからであり、現在の繁栄に多大な貢献を果たしただろうと思います。さらに70億人にまで膨れた世界人口と食糧問題を考えると麻薬のような依存性が無いにしても、切っても切れない状況にあるのではと思いました。まだまだ農薬がもたらす社会問題は続きそうに思え、オーガニックの思想は暮らしの安全と安心を守る上でこれからさらに大切になるだろうと思います。ただし、食糧問題も見過ごせず、オーガニックでありながら世界の人口を支える食糧生産などありえるのだろうかと疑問に思います。しばらくは生産量を求める農業と、安全安心という質を求める農業が並行する社会になるのではないでしょうか。

placa_WS2_4

歴史の話しでは昔の農業風景を感じられるトピックがいくつか紹介されていました。例えば昭和30年代の日本の田んぼにはイナゴが沢山いて、農村地帯では学校行事の一環として「イナゴ取り」をしていたという面白いトピックがあげられていました。また、江戸時代では農作物の害虫は悪霊によってもたされるものとして、悪霊をわら人形に移し、村境に送り出す風習などがあったそうで、夏の風物詩の怪談ででてくるわら人形が連想され、歴史の面白さを再確認しました。

国際的なオーガニックの基準が生まれ、それを利害関係のない第三者が基準に沿って作られたかどうかチェックすることでオーガニック商品は信頼を得る事ができます。第2部(第3講)では、この第三者にあたる有機JASの認定機関の話しと有機農産物の作り方を学びました。学習すればする程に、有機農産物を作るには、想像している以上の苦労が付いて回りそうだと思いました。というのも、農薬などの汚染物質は撒いた時だけが問題ではなく、近隣から風や水にのって来るからです。また自分が持っている農地が昔どういう土地であったかという地歴も重要になってきます。自分がオーガニックを始める以前に汚染との戦いは始まっていて、オーガニックの知識を知った時には遅いのです。つまり、これからの食べ物の安全を守るのは私たちであり記録を残すことが重要であると言えます。昨年起きた原発事故による放射能汚染が、未来の食糧に与える重大な問題であったこともうなずけます。 なぜなら有機JAS認定は作物に対してではなく「ほ場=田圃や畑(作物を栽培するところ)」に対して行われるからです。1度の汚染が取り返しのつかない自体を招く事を知りました。有機JASの認証機関では「ほ場」に対し認定を行い、ほ場で栽培されたものは、全て「有機」の生産物になります。

placa_WS2_5

有機JASではたい肥づくりや、農薬を使わない病害虫防除方法や除草がまとめられており、必ずしも農業従事者だけが必要な知識では無いと思いました。自分たちが暮らす地域を守る上で大切な知識だと思います。考えてみれば、農業で生産されるものは食べるものだけでなく、衣服や化粧品の原材料なども含まれていて、非常に暮らしに深く関わっている事が分かります。また食に限らず、アトピーや花粉症といった化学物質が社会問題視される今、身近にある化学に対し教養を深める意味でも小学生レベルの教育段階から学べる環境が広がってもいいだろうと思いました。なによりこうした身近な食べ物や環境、衣類などから化学や生物に対する知識が学べられるとてもいい教材だと思います。また、食糧に関わる貿易や食糧問題など国際的な内容を含み、環境問題やエネルギー問題といった授業内容を含むと多くの大人から子供まで価値のある授業になるだろうと思います。

最後に授業中杉谷先生から、最近のオーガニックの潮流の中には、食べ物の安全に関心のある生産者や消費者、家族や本人にアトピーなど健康問題がある方といった人だけでなく、ファッション性を重視している流れもあるというお話を聞きました。オーガニックを取りまく社会が、昔も今も、食べ物の安全に対してだけ広がりを見せているわけではなく、売り手と買い手からなる経済社会や、人口の増加に対する食糧生産の課題など、とても深く広がっおり、オーガニックという考え方が広がるには広い見識が必要だろうと思いました。

第3講義(特別講義)では渡邊先生の「マクロビオティックと漢方薬に用いられる薬用植物の考え方」の講義に移りました。マクロビオティックという言葉を時々耳にはしていましたが、ぼんやりとしか知らなかったので、あらためて調べてみるとマクロビオティックとは長寿法を説くものであり、人と生き物と環境のバランスを保ちながら健康の根源を支えるものだそうです。食事に関する作り方や食べ方の作法のようなものかと思っていたら、食材の品質基準なども決められていて内容もオーガニックの考え方と深く関わりあっていました。また「マクロビオティック」は、「マクロ=大きな」「ビオ=生命」「ティック=術、学」の3つの言葉から成り立ち、古代ギリシャ語を語源とした、「自然に即した命のあり方」という意味でした。またその歴史は古く思想家であり、食文化研究家であった桜沢如一が今から80年以上昔の1930年頃に提唱した手法です。オーガニックの思想が始まったのが1924年頃だった事実と照らし合わせると1920年代頃は農業や食文化が大きく変化したのではないかと思いました。1920年代について調べると第一次世界大戦後の時代で、アメリカでは狂騒の20年代と呼ばれ、またヨーロッパでは黄金の20年代と呼び名が付いており、それまでに無いほど、製造業が成長をとげ、消費者の需要とが増え、生活様式の変化があったようでした。戦後の食糧安定の渇望から大量生産の技術の確立と実現を繰り返し、急成長を遂げるその陰で、環境破壊や食文化の再構築を叫ぶ声が上がったのではないかと思いました。
漢方薬の話しの中で、古代の医学者は自然に対する観察力に優れており、「人体は自然の縮図である」という考え方を持っていたことが紹介され、その言葉が耳に残りました。私たちは自然のルールに従い生命を維持しており、自然に歩調を合わせて生活を営めば、健康な日々を送れるということ学び、オーガニックの考え方は幅広い分野に広がりを持ち、安心した生活を営む上で大切な知識であることを感じられました。

placa_WS2_6