平成22年度地域活性化シリーズ講演会-4

第4回 高知の高齢者ドライバーを考える

日時:2010年11月29日(月)15:00~17:30
会場:高知工科大学 教育研究棟C棟 1階 C101教室

開催趣旨:

警察庁平成22年交通安全白書によると、高齢者を取り巻く交通情勢として、平成21年中の交通事故死者数の年齢別の 65歳以上の比率がほぼ半数(49.9%)と高く、又、10年前との比較では、全体の交通事故死者数の減少率は45.4%と高いにも 拘らず、75歳以上の減少率は6.6%に留まっています。 とりわけ、高齢者化が進む高知県において、高齢者ドライバーの安 全性を確保する事は、喫緊の課題です。
そこで、高齢者ドライバーの安全性について、種々の視点から、専門家による講 演会を下記のとおり開催いたします。

主催:高知工科大学地域連携機構
共催:東京大学先進モビリティ研究センター
協賛:高知県警察,高知検診クリニック
講師:
刈谷 斉(高知県警察本部交通部参事官兼交通企画課長)
岡田 訓 (高知県警察本部交通部運転免許センター教習所指導係兼技能試験係兼運転適性相談係 技監兼係長)
中野 公彦(東京大学大学院情報学環 准教授)
朴 啓彰(高知検診クリニック脳ドックセンター長・高知工科大学地域連携機構 客員教授)

プログラム
14:30受付開始
15:00~15:10開会挨拶
第一部
15:10~15:40講演1 「高齢者の交通事故アレコレ 」刈谷 斉
15:40~16:10講演2 「高齢運転者の免許更新の実態と免許制度」岡田 訓
第二部
16:10~16:40講演3 「新しいテクノロジーを活用した安全で安心なモビリティの確保」 中野公彦
16:40~17:10講演4 「頭部MRIでわかるあなたの安全運転-白質病変で事故がおこりやすくなる?-」 朴 啓彰
17:10~17:20質疑討論
17:20~17:30閉会挨拶 須田 義大(東京大学先進モビリティ研究センター・センター長)

ITS_20101129
チラシ(PDF 1MB)
講演記録(PDF 352KB)